2016.4.30

家賃アップしても人気!物件に付加価値をつける方法を大公開

家賃アップしても人気!物件に付加価値をつける方法を大公開

不動産投資を始めようと考え、いざ物件を購入したものの、なかなか収益が伸びない…と悩むことはよくあります。

そんなときはやはり家賃アップを考えますが、ただ家賃を上げただけでは当然のことながら余計に借り手が少なくなってしまいます。

 

このような場合は物件に付加価値をつけてから家賃を上げる、というふうに考えるとよいでしょう。

でも、具体的にどのような付加価値をつければよいのでしょうか?

 

今回は、家賃を上げても借り手がつくような付加価値の付け方、種類をご紹介します。

ネット環境整備は必須!

ILM16_AD01013

 

まずはネット環境を整備しておくことがとても重要です。

このネット環境というのは大きな付加価値となる欠かせない存在といえます。

 

10年ほど前であれば、まだインターネット回線が引かれていない賃貸物件は多かったのですが、それが普通だったのでネット環境なしでも借り手がつきました。

 

しかし現在では電気・ガス同様に必須のインフラのひとつとなっています。

入居者アンケートの設備の人気ランキングでは、無料インターネット設備は単身者、ファミリーともに常に上位に入る状況です。

 

多少家賃が高くてもネット環境が整っていればその分得するからOK、と皆さん考えるようです。

ペット共生賃貸住宅も人気!

9d33f56f

 

アパートやマンションと聞くと、ペット禁止というイメージが強いかと思います。

しかし、需要が大きく近年はペット「可」の物件も多くなってはいます。

 

そこでもう一歩踏み込んだペットとの「共生」ができる物件を検討するのもいいかと思います。

これまで「ペット可」は老朽化に伴う空室への対応策としてなど、やむを得ず許可するというのが通常でした。

 

また、従来の「ペット可」物件では原状回復をかなり厳しく義務づけられていた場合も多かったようです。

しかし、少子化、高齢化の進行に伴い、ペットの需要は急速に増えており、最近では最初からペットとの共生を想定して、必要な設備を設置した物件が増えています。

 

当然「可」より「共生」のほうが人気が出ており、検討に値する付加価値のひとつだといえます。

ただ、きちんとモラルをもって生活してもらえるように対策を講じる必要もあります。

宅配ボックス設置

e_13

 

今ではネット通販で買い物をするのは当たり前の時代。

しかし社会人など日中家にいられない人は、宅配便の配達時間内に帰宅できない人も多いでしょう。

 

そんなときに宅配ボックスがあると、かなり助かるのではないだろうかと思います。

24時間受け取れる体制を整えておけば、入居者も帰宅時間を気にしたりせずに済むのでうれしいという声が多いようです。

 

設置もそこまで大変ではないのでぜひ検討してみては?

関連記事