2016.4.29

見るだけで楽しい!個性的な物件を紹介する「間取り図ナイト」って?

見るだけで楽しい!個性的な物件を紹介する「間取り図ナイト」って?

「間取り図ナイト」という言葉を聞いたことがありますか?

最初は小規模な開催でしたが、いまや多くの人が参加するコミュニティだそうです。

 

何のコミュニティかといいますと、世の中の一風変わった物件を紹介するというものだそうです。

仕掛け人の森岡さんという方が2007年にはじめたもので、今では全国各地で行われるイベントとなっています。

 

今回は「間取り図ナイト」について迫ります。

間取り図ナイトとは

シェアハウス間取り-768x341

 

間取り図ナイト、具体的に何をするかというと、世の中の変わった物件の間取りをスライドショー形式で見て、それに合わせた話し手の方のテンポの良い話を聞いて楽しむというイベントです。

 

「ただのスライドショーでしょ?」と侮ってはいけません、これに話し手の方の面白い話が加わって大爆笑が何度も起こるような楽しいイベントなのだそうです。

 

間取り図を見て色々考えるのも楽しいとのこと。

 

例えば、洗面所のユニットが一畳なのか二畳なのか、どのサイズが選ばれているかをもとに、敷地面積やそれぞれが配置された理由を考える、など。

 

単純な間取り図でなく、絵画のように、想像しながらどれほど読み込めるかで楽しみも広がるのだそうです。

 

間取り図ナイトの歴史

Fotolia_106043167_Subscription_Monthly_M

 

始まりはmixiの「間取り図大好き」というコミュニティだそうです。

 

参加者も増えて活発に交流するようになり、6万人くらいになったとき、イベントにしましょうという声から発展していったといいます。

 

初めてイベントが開催されたのは、2007年10月。

初回は発起人の知り合い含めて、来場者は10人弱だったそうです。

 

その後、数少ない参加者のクチコミで、2回目からは、およそ100人規模の地方公演も含めてほとんどチケットが完売するようになりました。

 

まだSNSが本格的に普及する以前のことだったので、いかにクチコミの影響が大きかったかがわかります。

 

そして、東京での本公演だけではなく、「間取り図ナイトツアー」として今や日本各地で全国的にも開催されるまでになりました。

 

変な間取り、変わった間取りが好きな方はぜひ一度調べてみてください!

関連記事