2016.6.7

物件の空調設備どこを見る?購入前のチェックポイント3つ

物件の空調設備どこを見る?購入前のチェックポイント3つ

マンションや戸建てなどの物件を購入する際、間取りや広さ、値段など様々な点を確認すると思います。

 

その時に必ずチェックしてもらいたいポイントの一つが「空調設備」

 

購入時にはそこまではチェックしきれなかったと見落としがちな点かもしれませんが、そこに住む方にとっては欠かせないポイントです。

 

そこで今回は「空調設備」のどんな点をチェックする必要があるのかお伝えしていきたいと思います。

Point01.エアコン

Fotolia_84763669_Subscription_Monthly_M

 

空調設備と聞いて一番に思い浮かぶのが”エアコン”。

 

チェックしてほしいのは、エアコンがきちんと部屋に行き届くかどうかです。

最近の住居は機密性が高まっているため、思っていたよりもエアコンが効かない可能性があるのです。

 

エアコンの効き具合というのは、光熱費に直結するところ。

何年も住むとなると、相当余計なお金がかかるでしょう。

 

それを避けるためにも、どこにどれほどのエアコンの効かない死角があるのか、その死角にどう対処したらよいのか、忘れずにチェックしておく必要があります。

Point02.換気扇

Fotolia_80231553_Subscription_Monthly_M

 

下見の際、“換気扇”をチェックすることはあまりないかもしれません。

ですが、回してみると上手く空気を吸い込めなかったり、空気が逆流したり、なんて不具合があることも。

 

換気がちゃんと回らないと、部屋の空気は一気に悪くなるもの。

忘れずににチェックしましょう。

 

実際に起動させてみて、「音が鳴ったら大丈夫」ではないんです。

レンジフード内のふたを開け、換気扇を回した状態で紙をあててみて、その紙がパネルに吸い寄せられたらようやく確認OK。

 

また、排気についてもチェックしておきたいところ。

棒にスズランテープを付けたような簡単なものでいいので、吹き流しを排気口に当ててちゃんと換気扇が使えるのかを確認出来ます。

 

換気扇も排気口も複数あることが多いので、きちんとすべてをチェックしておきましょう。

Point03.風通し

3ds rendered image of seaside room , White fabric curtains being blown by wind from the sea, wooden wall and floor, Chair and lamp

 

“風通し”がよければ、夏場あまりクーラーをつけずにすむかもしれません。

かなりの節約になりますよね?

 

風通しに関してみるべきポイントは、風がきれいかどうか、どれくらい風通しがよいか、また窓を開けておける環境かどうか、といった点です。

 

隣の物件からこちらの窓が丸見えだったら、窓を開けての換気はしづらいですよね。

 

出来るだけ窓を開けての換気がしやすい場所を選ぶのがよいでしょう。

 

まとめ

Women who are visiting the real estate agent

 

「空調設備」をきちんとチェックしておくかどうかで、その後の生活の快適さは大きく変わってくるもの。

 

忘れずに確認して、後悔のない家選びをしましょう!

関連記事